FC2ブログ
編集長のヒトリゴト
ペットのポータルサイト「ペットタウンふくしま」編集長が、何気ない普段の生活をちょっぴり紹介しちゃいます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社屋屋上を見上げて…
「ペットタウンふくしま」見上げてごらん

郡山市富田町内環状線沿いにある会社の屋上です。
毎日走っていても 今まで全く気づかず・・・

こんなところに、ダルちゃんがいます・・・!!
携帯 015

携帯 016

近くで見るとかなり大きいんです

ダルメシアンのラッピングバスは以前から目にしていました。
ダルメシアンタクシーも良く目にしています。

社屋の屋上のダルメシアンは、大空を見上げています。
何を見ているのかなぁ… 
今だったら! 朝方は『アイソン彗星』だね! 

スポンサーサイト
羽山の里クマガイソウ祭り
「ペットタウンふくしま」羽山の里へ

二本松市の『羽山の里クマガイソウ祭り』に出掛けました。

クマガイソウは、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧2類と
されている貴重な植物です。

見事で~す  クマガイソウは見頃となっていました。

クマガイソウ2

クマガイソウ


『羽山の里』は、五十嵐文一さんが40年前に自宅裏の山林に植えた
2株のクマガイソウが年々増えて、現在は10,000株に達したということです
から、本当に驚きました

5月末までの期間中は散策道を開放しています。是非ご覧ください

本宮市に『太陽光発電所』が!
「ペットタウンふくしま」発見です

本宮駅に向かい、4号線から近道かな~と思い車を走らせたところ、
線路を越えることができませんでしたが、、、
眼下に広がるこの景色には驚いてしまいました
『太陽光発電所』なのです。

太陽光

この『太陽光発電所』は
本宮市に福島営業所を置く総合商社の橋本産業さん(本社:東京)が、
昨年10月から建設を進めてきたものです。

敷地内に太陽光パネル2580枚を敷き詰め、3月末に完成しました。
太陽光発電所の総発電量は約54万㌗で、
3月29日に東北電力に売電を開始したそうです。

先日の落成式では、同社社長から、
「太陽光発電所が復興の起爆剤となってほしい」とのあいさつがあったことを
お聞きしました。

本宮の街中に発電所施設があるとは思いもしませんでした。
お近くにお出かけの際には、是非ご覧ください


県内の桜は終わってしまいましたね。
今年の『石部桜』です。満開でした
              (2013.4.20)
石部桜

道の駅「ばんだい」 EV車に充電できます 
「ペットタウンふくしま」道の駅ばんだいへGO

磐梯町の『道の駅ばんだい』に、
県内の道の駅では初の電気自動車用の急速充電器が
設置されました

EV車

▼利用時間  午前9時~午後7時
▼料金     1台1回につき500円
▼充電時間  約30分
80%の充電が可能ということです。
電気自動車で訪れる観光客が増えているということですよ

「道の駅ばんだい」にはドッグランがあり、
8:30~17:00まで解放しています。
ペットと一緒のお出掛けの際にはお立ち寄りください。


今年2月に
ハンサムウーマン八重と会津博『大河ドラマ館』
訪れました。

ドラマ館

福島県立博物館駐車場は県外ナンバーの車ばかりでした。

八重の桜

『八重の桜』人気には改めて驚かされました


間もなく県内の桜も見頃を迎えます
今年は今話題の会津若松市の『石部桜』
見に行きた~い

石部桜

「GReeeeN」のモニュメント桜色に!
「ペットタウンふくしま」夢を開く心の扉

ピンク

扉のモニュメント桜色に 
     GReeeeNメンバー旅立ちを記念


展示時期 平成25年2月27日(水)~平成25年5月7日(火)

 <GReeeeNメンバーコメント>

この春、HIDE、navi、92の3人は、郡山を離れることになりました。
HIDE、naviは北海道に、92は沖縄に旅立ちます。
2002年、郡山で出会った僕たちは、互いに歯科医師を目指すクラスメイトで、
一緒に音楽を楽しむ仲間で、そしていつも一緒に泣いて笑って共に過ごす友達
になりました。

僕たち4人は車でよく出かけました。
春になると三春の滝桜を見に行きました。大きな大きな素晴らしい枝ぶりに感動
しました。
冬は磐梯までスノーボードに行きました。競い合って、褒め合って、互いに技を
磨きました。

デビュー前に僕たちが初めて作った自主制作のアルバムは、郡山駅前の
CDショップに並べさせてもらいました。
駅前のロータリーで歌わせてもらったこともありました。

郡山が、僕たちに夢を見させてくれました。
歯科医師を目指すこと。そして、歌を歌うこと。

僕たちはここから「扉」を開けて、自分たちの夢を追い駆け始めました。
3人は郡山を離れますが、それぞれが行く先々で、思い悩み立ち止まるとき、
きっと郡山の「扉」を思い出すでしょう。
この「扉」はいつでも開いていて、ずっと僕たちを見守ってくれている故郷です。

GReeeeNの故郷は、いつでも郡山です。

また必ず足を運びます。
ありがとう福島。
ありがとう郡山。

2013年2月吉日 HIDE、navi、92、SOH


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。